介護リフォーム 介護用レンタル よくある質問 スタッフについて 会社案内 お見積もり ご相談・お問い合わせ

介護保険でのレンタル

ホーム > 介護保険でのレンタル

身体状況に合わせた介護用品レンタル

【軽度者】に対する福祉用具貸与で例外給付の判断方法運用の一部見直し
1.状態の変化   2.急性増悪   3.医師禁忌 のいずれかに該当し、
①「医師の意見(医学的所見)」に基づいて判断されている事
②サービス担当者会議などを経た適切なケアメネジメントの結果を踏まえている事
③市町村が確認しているものであれば例外給付として申請できます(①②③すべてに該当)。
(☆必要となる福祉用具:特殊寝台、及び同付属品、及び床ずれ防止用具、及び体位変換機、移動リフト、認知症老人徘徊感知機器、自動排泄処理装置)


1割で受けられる福祉用具レンタルの種類

ベッド周り

認知症関連

自動排泄処理装置

歩行移動

車いす

電動・スロープ

立上・移動リフト

玄関・外部リフト

手すり

48

福祉用具WEBカタログ



お問い合わせ